『PETZL』記事一覧

リアルロッククライミング

オーナーHiroです。
会員様と行ってきました。リアルロッククライミングの報告をさせて頂きます。
今回も八の字結び、ビレイの仕方、トップロープのメカニズムをクライミングジムTRIPで学習し、コロナ禍の対策を再確認してから現地へ向かいました。

会員様の感想
 
Iさん、「外岩は、持ちづらいというか持ててない感じでした。力ではできない感じで足を使えないと難しかったです。ロープは高さと長さがあり、クライミングしてる感が、とても感じられました。ビレイ操作、ロープワークは、難しそうでした。体で覚えるまでしっかりやらないと不安になりそうでした。普段から頭を使って登ってないと岩場では、もっと使えないと思いました。体力もかなり奪われるので後半は、疲れてないようで疲れてました。」
 
Oさん、「新型コロナと梅雨の影響により、久しぶりの外岩なのでなので、すごく楽しみにしていました。前回よりも「少しは成長しているかな」と淡い期待をしていましたが、返り討ちにあいました。これに懲りず、今以上に外岩を楽しむことができるように練習に励みます。ありがとうございました。」
 
Iさん、「あっという間でした。緊張したりわからなくて、いっぱいいっぱいで登ってる感じでした。まだまだやることたくさんでモチベーションも上がりました!ありがとうございました、楽しかったです。またお願いします。」
 
Yさん、「今回は、一手一手確実にきめて登りました。お疲れ様でした。」


クライミングジムTRIPではPETZL(ぺツル)製品の取り扱いをしています。ハーネス、クイックドロー、ヘルメット等、PETZL製品をお考えの方はご相談下さい。

Trip Rresearch 2020 Summer


ごきげんよう。
TR(Trip Rresearch)特派員のひろです。
今日はクライミングジムTRIP2020夏Wallでの、リアルグレード課題のリサーチと、
人気チョーク2020をランキング形式でご紹介。

ではレッツゴー!!
まずはリアルグレードから。

6級は(スラブ□ 100/90°□ 120°l)

5級は(100/90°l 100°+ バルジT)

4級は(90°l 105°l 105°△)

3級は(スラブl スラブ□ 120°T)

が統計の結果、導き出されました。

この課題をトライされている方は次のグレードに進んでみても良いのでは?

続きまして、人気チョーク!!


1位:
ホワイトアウト Plusファインカット 250g
ぬめり手◎パウダータイプ。ここぞという時に使いたくなるチョーク。リピーター続出。


2位スナップ チョークリキッド 200ml
安定の売り上げN0.1液体チョーク。

3位ホワイトアウト リキッドチョーク 100ml
こちらは、ここぞという時に使いたくなる液体チョーク。
反則だと言っている人も。

 
4位:イボルブ ルース•チョーク 300g
チャンキータイプ。スクリューキャンプ付きの袋でチョークボールへの詰め替えが楽。
 
 
5位コア ハイパフォーマンスチョークボール 60g
乾き手◎パウダータイプ、高級なマグネシウムをプレミアムなメッシュで包み、
より長く手に残りフリクションも抜群です。TRIP乾き手王子も愛用中。

6位:カンプ チャンキーチョーク 300g
チャンキータイプ。チャック付きの袋で持ち運びにも良い。コストパフォーマンス最高。
 
7位スナップ チョーククリーム 150ml
乾き手◎クリームといってもシャバシャバしている。
こちらはTRIP乾き手女子が愛用中。

8位:ロックテクノロジー チョークバケツ 10L
ぬめり手◎パウダータイプ、粒子の形状にもこだわったチョーク。
使い終わったら何かを入れたくなる大きさのケース。300gのタイプもある。


9位:ペツル パワークランチボックス 100g
チャンキータイプ、
開口部の大きなボックスに入っているので遠征時に重宝する。
ボトルもかわいい。

10位アサナ ホワイトダート•チョーク 113g

アサナ製のチョークで、粒子が細かく手に良く付着し残る。

自分はコストパフォーマンスが高いイボルブ、カンプのチョークを愛用中。
今年の夏は自分に合うチョークを探してみては?
今回のランキングチョークはクライミングジムTRIPで絶賛販売中。

 
チャンキーチョークとは?
粉末と適度にくずれた個体が混ざったタイプのチョーク
その他に液体チョーク、粉末、ブロックがある。
 

 

 

リアルロッククライミング


オーナーHiroです。
会員様と行ってきました。リアルロッククライミングの報告をさせて頂きます。

今回も八の字結び、ビレイの仕方、トップロープのメカニズムをクライミングジムTRIPで学習してから現地へ向かいました。




会員様の感想

Dさん、「前回よりはホールドを探し出せる様な気はして来ました。しかし、まだまだガバに頼りたくなってしまう場面も多く、良いホールドが無いと焦ってしまう場面もありました。

ジムでまたトレーニングを積んで、色んなホールドの効かせ方を理解して行きたいと思います。ビレイに関しては練習途上と言った感じなので操作に関して指導部分をしっかり復習して次につなげて行きたいです。今回もありがとうございました。」
 
Oさん、「今日はありがとうございました。
ジムでは味わえない岩登りの醍醐味を実感しました。また、普段はなかなか話しができない若い面々とコミュニケーションがとれてとても良かったです。そして、次回はもっとチャレンジできるように練習に励みます。よろしくお願いします。」
 
Mさん、「昨日はありがとうございました。
今回オンサイト出来そうな課題で落ちてしまって残念でしたが、今回の反省を活かして次はオンサイト沢山出来るよう頑張りたいと思います!次回もよろしくお願いします!」

Yさん、「朝一番は岩が冷たく、指の感覚が無くなりましたが二本目、三本目と指、体と暖まってきた後は快適に登れました。」


クライミングジムTRIPではPETZL(ぺツル)製品の取り扱いをしています。ハーネス、クイックドロー、ヘルメット等、PETZL製品をお考えの方はご相談下さい。

2020展示会に行ってきました。


オーナーHiroです。
2020冬季アウトドア合同展示会に行ってきました。

今年も、お世話になっているロストアローさん、アルテリアさんのブースをメインに最新ギアの話、アイス、スキー、岩場活動での話をしてきました。


2020アルテリアさんのブース。


New products 2020 フライ 超軽量ハーネス。


2020 ARAITENTさんのブース。
テントエアライズ。自分のはアイスクライミング、沢登り、国内外のクライミングで使う事、約20年経ちますが未だに現役で使っているオススメテントです。


こちらはロストアローさんのブース。


遠征先で必ず設置されているマストなeグリップホールド。
勿論、トリップにも設置されています。


最近トリップで流行っている?蓋をするセットにもってこいなホールドを発見!


前回の展示会から気になっていた SEA TO SUMMIT、ULTRA SIL NANO DAYPACK,、軽量、コンパクト。

興味がある方は登る合間にカタログをみたり、話をしましょう☆

リアルロッククライミング。


オーナーHiroです。
会員様と行ってきました。リアルロッククライミングの報告をさせて頂きます。

今回も八の字結び、ビレイの仕方、トップロープのメカニズムをクライミングジムTRIPで学習してから現地へ向かいました。
会員様の感想

 
Fさん、「今回初めての外でのクライミングでしたが、正直恐怖心もありましたが室内とは違った臨場感などが味わえてとても楽しめました。また、今後の自分の課題などが見えてきたので、非常に良い体験でした。」

Sさん、「今回、自分はボルダリングを初めて2ヶ月で、ロッククライミングに参加させていただいたので、緊張と不安な気持ちが強かったです。どこに足をおけばいいのか分からなかったり、腕の力だけでいってしまったりしてしまいました。最近は、慣れていたのですが、腕を消耗しすぎて、張ってしまいました。何とか一つ、登りきることが出来たときは、とても嬉しかったです。ほとんどのことが、初めての経験で、一緒に参加した皆さんにはたくさんの迷惑をおかけしましたが、優しく教えて下さったおかげで、自分はとても楽しめました。本当にありがとうございます。ジムでたくさんとレーニングをして、次回のロッククライミングでは、もっと登れるように頑張りたいです。」

Hさん、「岩場でのロッククライミングは、苦手な足の置き場にもっと苦労しました。1つのコースを登りきることが出来たとき、普段の生活では経験出来ない達成感ともっと自分を高めたいという新たなやる気が生まれました!トラバースのトレーニングをして今回登れなかったコースを次回リベンジしたいです!」

次回のリアルロッククライミングに参加される方は受付にあるホワイトボードで確認して下さい。
クライミングジムTRIPでトレーニングをして皆で登りに行きましょう。

八の字結び(エイトノット)とは?
正式にはフィギュアエイトノット。
トップロープ、リードクライミングの場合とロープの末端をハーネスに結ぶ場合に使うのでぜひ覚えてほしい。
八の字結びは正しく、かつ固く結べば基本的に末端処理は必要ない。ただしロープの末端はロープ径の10倍以上。
ねじれが無いようきれいに二重八の字を結べる様にしたい。

クライミングジムTRIPではPETZL(ぺツル)製品の取り扱いをしていますので、ヘッドライト、クイックドロー、ロープ等PETZL製品をお考えの方はご相談下さい。
また株式会社アライテント。新富士バーナー株式会社、SOTOガスバーナー。株式会社モチヅキ、MSR、サーマレスト、プラティパスなどの製品の取り扱いをしていますのでこちらもご相談下さい。