ボルダリングで登る前後のコンディショニングその9

こんにちは。
TRIPオーナーYUKOです。
すぐにできるクライミングのためのコンディショニング、腰のリセット編です。
年末に登る方もレストする方も、腰の調子を整えて快適に過ごしましょう☆

腰が慢性的にだるかったり、ぎっくり腰を繰り返しているクライマーも少なくないようです。
クライミングでは強傾斜壁を登ったり、ハイステップ動作など、腰周りの筋肉に直接負担がかかる事も多いので、まずは腰回りのリセットコンディショニングを行い、疲労をためないようにすることが大切です。

いつ行っていただいてもOKですが、お勧めはお風呂上りや寝る前、そして起床時です。

特に、寝ても疲れが取れない方、ぎっくり腰を繰り返している方は、寝る前、起床時は必須です!
また、急に起きあがることは、腰椎に大きな負担がかかります。
起きるときは、横向きになり手でカラダをゆっくり押し上げていくようにしましょう。
そして寒い時期のアウトドアでのクラミング時には、腰にカイロを貼っておくことも予防につながりますよ。

【リセットコンディショニング】
<腰椎クルクルトントン>

①仰向けになり、膝を立てます。膝はとじておきます。
②膝を閉じたまま腰幅くらいに小さくユラユラと振ります。


③両膝をあげ、ももの裏に手を入れ、膝を小さく自分の方へ引き寄せます。※手が届かない場合は、タオルをもも裏に入れて引き寄せると楽です。
④動きが楽になってきたら、膝をするように脚を交互にも動かします。

仰向けになったときに腰の反りが少なくなっていたり、腰が楽に感じられたらリセット完了です。

★コンディショニングレッスンはじまります!★
60分間のコンディショニングレッスンを1/16(火)より開催いたします。
コンディショニングのみでも、ボルダリング前後のご参加でもどちらでもOK!
定員4名と少人数ですので、しっかり身につきますよ。
詳細は、お知らせをご覧ください↓↓↓
https://trip-climbing.com/2018/01/08/518/

 

コメント 0

コメントを残す

メールアドレスは掲載されません。* の項目は必須項目です。

CAPTCHA