『クライミング用語』記事一覧

リアルロッククライミング。


オーナーHiroです。
会員様と行ってきました。リアルロッククライミングの報告をさせて頂きます。

今回も八の字結び、ビレイの仕方、トップロープのメカニズムをクライミングジムTRIPで学習してから現地へ向かいました。
会員様の感想

 
Fさん、「今回初めての外でのクライミングでしたが、正直恐怖心もありましたが室内とは違った臨場感などが味わえてとても楽しめました。また、今後の自分の課題などが見えてきたので、非常に良い体験でした。」

Sさん、「今回、自分はボルダリングを初めて2ヶ月で、ロッククライミングに参加させていただいたので、緊張と不安な気持ちが強かったです。どこに足をおけばいいのか分からなかったり、腕の力だけでいってしまったりしてしまいました。最近は、慣れていたのですが、腕を消耗しすぎて、張ってしまいました。何とか一つ、登りきることが出来たときは、とても嬉しかったです。ほとんどのことが、初めての経験で、一緒に参加した皆さんにはたくさんの迷惑をおかけしましたが、優しく教えて下さったおかげで、自分はとても楽しめました。本当にありがとうございます。ジムでたくさんとレーニングをして、次回のロッククライミングでは、もっと登れるように頑張りたいです。」

Hさん、「岩場でのロッククライミングは、苦手な足の置き場にもっと苦労しました。1つのコースを登りきることが出来たとき、普段の生活では経験出来ない達成感ともっと自分を高めたいという新たなやる気が生まれました!トラバースのトレーニングをして今回登れなかったコースを次回リベンジしたいです!」

次回のリアルロッククライミングに参加される方は受付にあるホワイトボードで確認して下さい。
クライミングジムTRIPでトレーニングをして皆で登りに行きましょう。

八の字結び(エイトノット)
正式にはフィギュアエイトノット。
トップロープ、リードクライミングの場合とロープの末端をハーネスに結ぶ場合に使うのでぜひ覚えてほしい。
八の字結びは正しく、かつ固く結べば基本的に末端処理は必要ない。ただしロープの末端はロープ径の10倍以上。
ねじれが無いようきれいに二重八の字を結べる様にしたい。

クライミングジムTRIPではPETZL(ぺツル)製品の取り扱いをしていますので、ヘッドライト、クイックドロー、ロープ等PETZL製品をお考えの方はご相談下さい。
また株式会社アライテント。新富士バーナー株式会社、SOTOガスバーナー。株式会社モチヅキ、MSR、サーマレスト、プラティパスなどの製品の取り扱いをしていますのでこちらもご相談下さい。

TR2019夏。

TR(Trip Rresearch)特派員のHiroです。
今日はクライミングジムTRIPさんでの、
グレード更新時におすすめの課題をリサーチしてきました。
7級にアップする方には(100°□ 100°+ 105°□)
6級にアップする方には(スラブV 100/90°↑ 90°V)
5級にアップする方には(100°↑ 105°□ 105°+)
4級にアップする方には(スラブI 120°V 105°+)
が統計の結果、導き出されました。
グレード更新の課題に悩まれている方どうでしょうか。
告知を一つ。7/7(日)より 日曜日キッズスクールが開講されます。
詳細は「スクール」ページをご覧ください。

それから、気になる物が店内で販売されていました。
COREのキーホルダー。可愛いですね!
evolv  new クロノス。カラーを始め軽量化、幅広になり履き心地がアップした様です。
クライミングシューズの購入を検討されている方は是非クライミングジムTRIPに行ってみてください。

COREとは?
イギリスのシェフィールドに本社を構える、クライミングホールドメーカーブローストーンから独立したスティーブ氏が創業したクライミングホールドメーカー。

boneing down。

オーナーHiroです。
新たにスラブ、バルジ、105°、100/90°壁にテープ課題を設定しました。
100/90°壁の30手、長物(boneing down)は花崗岩のルートを意識して設定してあります。どうぞOSを狙って下さい。
(ポは、ポテトのポ)をトライするYさん!
それから、エキスパートセッションでの一コマ。
その時の課題はファイルに残してあります。こちらもトライしてみて下さい。

SATSUKIイベントも残すところ後わずかガンバ!

それからそれから、オススメのリサイクル品。
THE NORTH FACE コンプレッションバック
クライミングトリップや縦走などのパッキングに大活躍。
TENAYA/ムンダカ(38H)
その他(リサイクル品)が気になる方は掲示板をチェックして下さい。

久しぶりにクライミング用語。
グレードが辛いとは?
一般的にホームジムを基準にして、
他のジムに行き同じ難易度を登った時の感覚で難しい時に使う。
難易度表記などで難しい課題→〇、辛い課題→×になる。

リアルロッククライミング(2019年・岩場登り初め)。

オーナーHiroです。
先日、会員様と行ってきましたリアルロッククライミング「2019年・岩場登り初め。」in聖人岩、スポーツクライミングの報告をさせて頂きます。
参加された会員様はリアルロッククライミングの常連さんだったので、今回は登りに集中してもらう事にしました。
次のターゲットは?RPおめでとう。
RPおめでとう。
2019年のターゲットが決まりましたね。
聖人岩、5.11三部作コンプリートまで後少し!

今回はマルチピッチのメカニズム、セカンドビレイ。懸垂下降の練習もさせて頂きました。
初めての懸垂下降にドキドキのMさん。

会員様の感想
Mさん、「今日はありがとうございました。今日はなんといってもマスターがいかに大変かがわかりましたね。戦略を立てて登ることの難しさを体験できて良かったです。マルチも教えていただいたのでマルチもどんどんやっていきたいです。」

Iさん、「楽しく登れました。ありがとうございます。TRIPで修行します。」

Mさん、「ありがとうございました。今回は前回登れなかった課題が登れたので良かったです。登るだけでなく、ビレイや懸垂下降なども体験できたのでとてもいい経験が出来ました!まだまだクライミングで知らない事も多いので、クライミングの技術、知識ともにもっと勉強していきたいと思います。また次回もよろしくお願いします!」

次のリアルロッククライミングは、ボルダリングを予定しています。
参加される方は受付にあるホワイトボードで確認して下さい。

アロンアルフアとは?
会員様から質問があったので。
知っていると思いますが瞬間接着剤です。
一部のクライマーは登っている時に指を切ってしまった時の対処として。
薄いカチを持つ為に爪を固めていたりと一般的な使いかではないがよく使われている。
とても沁みる。
※使用される方は自己判断でお願いします。
※医療用ボンドも発売されています。

リアルロッククライミング(2018年・岩場登り納め)。

オーナーHiroです。
リアルロッククライミング「2018年・岩場登り納め。」in御岳。たくさんのご参加ありがとうございました。
参加ができなかった方々も、次回リアルロッククライミングをお楽しみに。

今回はHさんのてるてる坊主のおかげで天気は好転したものの、リアルロッククライミング史上最強の寒さに皆さん驚かれていましたが一日通して楽しく登られていた様で良かったです。

今回も岩場が初めての方には岩場のルール、マナー(アクセス問題)、トポの見方、クラッシュパッドの使い方、スポットの仕方をお伝えした後にランディングの良い陽の入るエリアで登って頂きました。

それと、今回は週末の人気エリア・課題に行った事もあり、
今までには無かった他のクライマーさんとのコミュニケーションの取り方も学べた様でした。
自分ランキング最強の(神戸)はもっと寒いと言っても誰も解らないので。今日はまだまだ寒くないとTシャツで登ってみました。本当は皆でワイワイ楽しく、課題をマシンガントライして身体が温まっていたからなんですよ。
初めての岩場は楽しめましたか?岩場、岩質によって足置きはかわりますが直ぐに慣れるでしょう。
リベンジは果たせたのかな。
そろそろMyマットですかね?
黒帯二段おめでとう。パーフェクトな登りでした。
サポートありがとうございました。
またTRIPでトレーニングをして登りに行きましょう。

会員様の感想
Mさん、「今回の岩場でまた自分に足りない部分が見つかっていい経験になりました。次回もよろしくお願いします!」

Oさん、「岩場回数は少ないですがその少ない中でも足の使い方が徐々に成長していると感じました。足だけでなくフラッキングが有効な場所なども自然と体が動くなど体の使い方の上達を実感できるいい日でした。その人にあった登り方も様々で見てると色々学ぶこともたくさんありました。」

Sさん、「今回、初めて自然の岩を登りましたが、いつもとの違いに本当に驚きました。こんなにも別物なんだなーって!
新鮮な体験をする事が出来てとても良い刺激になりました。皆さま 当日本当に有難うございました!」

Hさん、「今回ボルダーに初めて参加しました。前回参加したリードとはまた違った緊張感があり、グレードも様々で途中心が折れそうになりましたが、オーナーや先輩クライマーにアドバイスをいただき、完登できた課題もあってよかったです。今回足にしっかり乗り込むことの大事さを実感したので、普段の練習でも足を使えるようトレーニングしていきたいです。」

Sさん、「滑り台、ソフトクリーム、デッドエンドと巡りましたが、良いコースでしたね。特にソフトはそれぞれのレベルに応じた課題があって、こういう機会に最適だなと。
個人的には全て登り尽くしている岩だったので、こんな機会がない限り行くこともないのですが、登り方とかも忘れていて、改めて登ってもやっぱり良い課題がたくさんあるなと感じました。初外岩の方もいらしたので、トポの見方や、ジムとは違うスタンスなど、邪魔しない程度にサポートしたつもりでしたが、僅かにでもお役に立ててれば幸いです。
あと、皆さんと交流もてたのも個人的には良かったです。久々に良い1日を過ごさせてもらいました。ありがとうございました。」

Jさん、「ありがとうございます。今回は人数も多く初めてのボルダーの人達もいたので、経験者の立場からスポットとか出来て良かったかと思います。
やはり外岩はジムのグレードとは違い、一筋縄では落とせないなと改めて感じました。時間も長かったので色々な課題も登れて楽しかったです。寒さだけがネックでした笑。」完登おめでとう!次のターゲットは?

クライミングジムTRIPでは、これからも色々なタイプのクライミング、イベントを引き続き予定しています。
それらに参加され自分のスタイル、自立したクライマーになって頂けたらと思っています。

告知、2019年のリアルロッククライミングは、クラッシク一級(忍者返し、Way of The Gill、エイハブetc)を巡るツアーを予定しています。
初心者向けの岩場行も引き続き行いますので興味がある方は、日時、場所等を受け付けにあるホワイトボードで確認して下さい。

マシンガントライとは?
大量の銃弾を自動的に発射し続けるマシンガンのように、次から次へとほとんど途切れさせることなく登り続けること。

ランディングとは?
着地する場所をいう。