ボルダリングで登る前後のコンディショニングその7

こんにちは。
TRIPオーナーYUKOです。
すぐにできるクライミングのためのコンディショニング、肩のリセット編です。

肩がすぐ痛くなる、なんか動かしづらい・・・クライマーからそんなお悩みをよく聞きます。
肩(関節)は筋肉依存の関節ともいわれるほど、肩まわりの筋肉の状態が動きに影響を及ぼしやすい部位です。
クライミングだけでなく、長時間のデスクワークや家事など日常的に肩や腕の筋肉は酷使しがちです。
岩場でも職場でもすぐにできるリセットコンディショニングで、こまめに筋肉の状態を整えておきましょう!

特にクライマーの皆さんは、上腕二頭筋(短頭)や小胸筋を酷使しがちです。それらの筋肉が付着している「烏口突起(うこうとっき)」(鎖骨の下を鎖骨にそって外側に探っていくと最初に触れる突起)をおさえてのリセットを念入りに行うと腕の回復も促せますよ。

今回紹介するリセットコンディショニングは、肩関節周辺の筋肉たちにアプローチできるので、クライマー以外にも肩こり、40肩や50肩という方にもおすすめのコンディショニングです。座っても出来るのでぜひこまめに行ってみて下さい。

【リセットコンディショニング】

<肩ブラブラ>
①片方の腕は楽にだらっとさげ、身体もそちらに少し傾けます。
②反対の手で肩のあたりをおさえたまま、下げた腕を小さく前後にブラブラとふったり、クルクルと回します。ズボンに手が触れるくらい脱力したまま小さく行うのがポイントです。
③今度は「烏口突起(うこうとっき)」を指でおさえて同じように行います。
 →烏口突起がみつからない方は、受付で声をかけて下さいね☆

片方が終わったら、手をあげたり、動かしてみて下さい。
やった方の肩が動かしやすくなっていたらリセット完了です。
反対も同様に行います。

コメント 0

コメントを残す

メールアドレスは掲載されません。* の項目は必須項目です。

CAPTCHA