『カラダの軸をつくる』記事一覧

ボルダリングで登る前後のコンディショニングその21

こんにちは。
TRIPオーナーYUKOです。
クライミングのためのコンディショニング軸づくり編part4で、今日もしっかりカラダも温めてから登りましょう!

今回は、前回行ったクロスウォークを後ろ向きに行うバッククロスウォークです。
さぼりがちな「内ももの筋肉(内転筋群)」に加え、「お尻の筋肉(大殿筋下部)」をしっかり使っていきましょう。もちろん、息を吐きながら行うので、軸づくりに必須の「横腹筋(ふくおうきん)」も一気に刺激していきます。
バルジや強傾斜で足がすぐにきれてしまうという方は、ここがしっかり使えることもポイントですよ~☆
前回同様に、股関節のリセットを先に行っておきましょう。

股関節のリセットコンディショニングはこちら↓↓
https://trip-climbing.com/2017/11/04/321/

【アクティブコンディショニング】

<バッククロスウォーク>
※はじめる前に後ろに障害物がないことを確認してから行って下さい。
①踵をつかけて立ち、両手はウエストに置いておきます。
②息を吐きながらつま先を外側に向けて片脚を後ろに出し、反対の脚にクロスさせます。内ももとお尻の下の方がキュッと引き締まるイメージで、脚をしっかりとクロスさせるのがポイントです。
③反対も同様に行います。
顔は正面を向いて、上体も左右に揺れないように行うことが大切です。
慣れてきたら息を吐きながらリズミカルに行いましょう。

★今年こそ調子いいカラダでスタートしよう!
「コンディショニングレッスン」初回ワンコイン体験実施中
https://trip-climbing.com/conditioning/

ボルダリングで登る前後のコンディショニングその20

こんにちは。
TRIPオーナーYUKOです。

さすがにカラダも縮こまるような寒さになってきましたね。
ウォーミングアップにも最適なカラダも温まるクライミングのためのコンディショニング、軸づくり編part3をお届けします。

日本人が上手く使えていない脚の筋肉ナンバーワンではないかと思われる「内ももの筋肉(内転筋群)」と、軸を作るために必須のお腹を帯状に包んでいる「横腹筋(ふくおうきん)」を、立って行うアクティブコンディショニングで一気に活性化しましょう。
この2つの連動がうまくいけば、軸が安定するだけでなく、脚の運びもスムーズになりますよ☆
股関節のリセットを先に行うとさらに効果的です!!

股関節のリセットコンディショニングはこちら↓↓
https://trip-climbing.com/2017/11/04/321/

【アクティブコンディショニング】

<クロスウォーク>
①踵をつかけて立ち、両手はウエストに置いておきます。
②息を吐きながらつま先を外側に向けて片脚を前に出し、反対の脚にクロスさせます。内ももを使って脚をしっかりとクロスさせるのがポイントです。
③反対も同様に行います。
顔は正面を向いて、上体も左右に揺れないように行うことが大切です。
慣れてきたら息を吐きながらリズミカルに行いましょう。

★頭もカラダもスッキリして新年を迎えよう!!
「コンディショニングレッスン」初回ワンコイン体験実施中
https://trip-climbing.com/conditioning/

ボルダリングで登る前後のコンディショニングその19

こんにちは。
TRIPオーナーYUKOです。
本格的なクライミングシーズンに入り、目標の課題にTRYしていることかと思います。
朝晩は冷える時期になりますので、カラダも温まるクライミングのためのコンディショニング、軸づくり編part2をお届けします。

前回は基本のカラダの軸を意識したコンディショニングをご紹介しました。
なんとなく背骨を中心カラダが動いていくんだな・・・という感覚をもちながら登ってみると、今までとは違った登りになる方も少なくないです。
そして、今回は足、特に親指の付け根にある「拇指球(ぼしきゅう)」にしっかり乗りつつ軸を保つ練習です。拇指球にしっかり乗って、楽に伸びあがる様に立ち上がれると、かなり安定したバランスで登っていきやすくなります。
前回同様に足のリセットしてから行うのがおススメです。

足のリセット編はこちら↓↓
https://trip-climbing.com/2017/10/13/268/

【アクティブコンディショニング】
<コアウォーク>

①腰幅に開いて立ちます。両手は腰に置いておきます。
②片足のかかとを浮かせて拇指球に体重をのせます。
③息を吐きながらかかとを下げると同時に、反対の足の拇指球に体重をのせながらかかとを浮かします。
ポイントは、拇指球でしっかり床をおしてスッとカラダがあがるようにすることです。
ぐらぐら横揺れせずに、カラダの中心がまっすぐ上下に動く感覚を身に着けましょう。

★自分で出来るカラダのメンテナンスを身に着けよう!
「コンディショニングレッスン」初回ワンコイン体験実施中
https://trip-climbing.com/conditioning/

ボルダリングで登る前後のコンディショニングその18

こんにちは。
TRIPオーナーYUKOです。
ようやく暑い夏が終わる気配が感じられるようになり、ほっとしている方も多いのでは?
これからクライミングやボルダリングに最適なシーズンを迎えますので、カラダの準備も万全に整えておきたいですね。
そこで、クライミングのためのコンディショニング、軸づくり編を何回かに分けてご紹介します。

インドアでもアウトドアでも難しい課題をスルスル登っていくクライマーを見てみると、ブレがなく、動きがなめらかなのは一目瞭然ですね。反対に、初心者は手や足がバタバタとして、腕だけで登ろうとしているのがわかります。

その違いはまずカラダの軸がしっかりしているか、次に腕だけではなくカラダ全体で連動して動けているかいないかです。
カラダの軸は、骨格が正しい位置にあるか・・・簡単にいうと姿勢が整っているかがまず重要です。
立った状態でカラダを支えているのは、足の裏だけですので、まずはそこをリセットすることが大切。

足のリセット編はこちら↓↓
https://trip-climbing.com/2017/10/13/268/

そして、普段はなかなか意識することのない軸を意識して、カラダを動かす練習をしていきましょう。

【アクティブコンディショニング】
<スタンディングツイスト>

①踵をつけてつま先を外側に開いて立ちます。踵・内もも・おへそ・眉間とカラダの軸を意識します。
②手のひらをカラダの中心で合わせ両腕を前に伸ばします。
③軸を保ったまま腰幅くらいで左右に腕を振ります。
カラダの中心から楽にカラダが回り、軸を意識する感覚が身に着いていきますよ。

★軸が整えばカラダはもっと楽に動く!
「60分のコンディショニングレッスン」実施中★
https://trip-climbing.com/conditioning/